愛知県瀬戸市で犬・猫・小動物の怪我や皮膚病、消化器・腫瘍疾患などの診療、予防医療を行う陶のまち動物病院「手術について」ページです。

SURGERY

の確保に努め
幅広い手術に対応します

陶のまち動物病院では、避妊・去勢手術だけでなく、整形外科の機能として骨折手術を行うほか腫瘍の切除手術、抜歯や歯石除去、歯周病治療のための口腔手術など、幅広い手術に対応しています。

また、身体への負担をできる限り減らすため、電気メス・血管シーリングや超音波乳化吸引装置などの手術用機械を充実させることによって、手術時間を短縮したり、身体に糸などの異物を残さない手術を行います。加えて、手術後は、高性能なICU(集中治療器)を用いて最適な回復環境で管理し、お帰りの際には傷を舐めないようエリザベスカラーや術後用ウェアを提供しています。

陶のまち動物病院は、ホームドクターとしてペットを安心してお任せいただけるよう、手術を行う環境を整え、安全性の確保に努めています。

安全性の確保に努め幅広い手術に対応します

SURGERY

避妊・去勢手術

犬・猫ともに成長すると、オスは精巣腫瘍・前立腺肥大を発症するリスクや、ホルモンの作用により攻撃したり逃げ出すなどの行動が現れるリスクが高まります。一方、メスは、子宮蓄膿症や乳腺腫瘍などの病気の発症リスクが高まるほか、不必要に妊娠してしまうことがあります。このようなリスクから犬・猫を守るため、陶のまち動物病院では、最初に発情する前の生後半年を目安に手術を行うことを推奨しています。
避妊・去勢手術によるデメリットとして、代謝が落ちて肥満になる傾向がありますが、食事や運動によって体重を管理することができます。

お預かり期間
期間
猫・オス犬 日帰り
メス犬 1泊

口腔手術

犬・猫も人間と同様に歯周病や歯肉炎を発症し、悪化すると顎の骨が骨折してしまったり体の他の部位に細菌が感染し、最悪の場合、死に至るような病気を発症してしまうことがあります。陶のまち動物病院では、口内の洗浄や歯周病・歯肉炎を引き起こす歯垢・歯石の除去、歯が欠けてしまった場合の修復、抜歯など、様々な口腔手術を行っています。そのほか、歯垢・歯石が溜まりすぎないよう歯磨きのレクチャーも行っています。

お預かり期間
期間
成犬・成猫 日帰り
高齢の犬・猫 1泊

骨折手術

犬・猫が骨折し、数日の間に適切な治療を行わなかった場合、その後の治癒に大きく影響します。片足を上げたまま歩いたり、足を引きずるなど歩き方に違和感がある場合は、できる限り早めに検査を受けることが大切です。
陶のまち動物病院では、インプラントと呼ばれる金属製のプレートやネジなどを使って骨折部を固定する方法、金属製のピンで皮膚の外から骨を固定する方法など、様々な方法により骨折手術を行うほか、必要に応じて専門病院や2次医療施設との連携を行っています。また、骨折手術は術後のケアが重要なため、通院いただき経過を観察するほか、リハビリに関するご質問にもお答えしています。

お預かり期間
期間
犬・猫 1週間〜10日間

腫瘍(癌)切除

皮膚の表面に腫瘍ができた場合、小さなサイズでも癌の可能性があるため、注意が必要です。また、腫瘍は、皮膚の表面だけでなく肝臓や腎臓などの内臓にできる場合もあるため、食欲やおしっこ・排便の頻度、体重、呼吸の状態など違和感があれば、早期に検査を受けることが大切です。陶のまち動物病院では、細胞を採取して検査を行う病理検査やエコーを使用し画像を確認する検査、血液検査など様々な検査を経て腫瘍を診断しています。悪性の場合は、電気メス・血管シーリングや超音波乳化吸引装置を用いて切除手術を行い、必要に応じて抗がん剤治療や専門病院・2次医療施設との連携を行うなど、体への負担を最小限に抑えた治療を行っています。

お預かり期間
期間
犬・猫 日帰り〜3日間
動物の場合、基本的に全身麻酔をかけてから手術を行います。麻酔によるリスクが考えられますが、陶のまち動物病院では、術前に検査を行うほか手術中は呼吸を確保するために気管内チューブを挿管し、人工呼吸器を使うなど、細心の注意を払うことによって安全性の高い手術を行っています。

FLOW

FLOW01術前検査

安全に麻酔をかけるため身体検査や血液検査などを行い、手術内容や麻酔、手術当日の流れについて説明を行います。術前検査で異常が認められなかった場合は、同意書にサインをご記入いただき、手術の予約をお取りします。

術前検査

FLOW02手術前日

全身麻酔を行う場合、12時間以上の絶食が必要なため手術前日の夜9時までに食事を摂るようお願いいたします。

手術前日

FLOW03手術当日

手術当日は、午前9時から12時の間にお越しいただき、再度、手術が可能かどうか検査を行います。通常、手術は休診時間中に行います。

手術当日

FLOW04術後・お迎え

問題なく手術が行われ、麻酔から目覚めた場合、事前にご案内した日・時間にお越しいただきます。手術内容や、薬の飲み方・通院などの術後の管理方法に関する説明を行った後、傷を保護するためのエリザベスカラー、または術後服を着用の上、お帰りいただきます。
なお、ご自宅では、用法用量を守って薬を服用させてください。

術後・お迎え 術後・お迎え